前へ
次へ

法律の相談を行うタイミングとは

法律事務所に対して相談するタイミングがあります。
それは、相手サイドが請求に対して応じないタイミングです。
金銭の貸し借りなどを通じて、相手サイドが請求しても支払ってくれないケースや、自動車による交通事故の対処で、相手サイドが損害賠償に対応しない場合、そして建物より期限内に退去してくれない場合などが見受けられます。
こうした場合、請求に合わせて貰うように法律によって可能な手続きをして貰えます。
次いで、それに対し相手サイドから請求されているケースであっても相談する事が可能です。
相手サイドが弁護士を頼んで請求してくるケース、フェアな状態にするために委託をする事が出来ます。
続いて、紛争を前もって防ぐために企業や組織が顧問という形で依頼する場合があります。
その他、対処がめんど臭い方が、代理者として依頼が出来ます。
こうしたたくさんの状況で、対処して貰えます。
当然、コストがかかるので、その際は前もって報酬額を教えてもらうことが重要です。

Page Top