前へ
次へ

法を順守する事は現実に日々生活する上で重要です

兄妹を持つ人はしばしば喧嘩することになりますが、これについては家族同士のもめごとでありまして、家庭内で裁くことだと言えるでしょう。
それに対し、見知らぬ人間が街の中でトラブルになったケースでは、警察が呼ばれ法律により裁かれることになります。
社会が人間を裁くケースになると温情もなく単純にルールに突き合わせて判決が下されることから、事と次第によるとかなり重い判決も出ることになります。
法律に注意を向けるのは社会人として独り立ちしてからだといえます。
学生の時期は親元にいるとか、金銭的に一本立ちしていなかったりしてそれほど法になじみが無いといえます。
しかしながら、独り立ちすると自分自身でマイカーをドライブして通勤するとか、ビジネス上で法に引っ掛からないように意識するのが当然です。
その結果、法が身近な存在となって、順守することが社会で重要かわかるようになります。
それなりにわかれば世間の一員としての自覚が生じます。

Page Top