前へ
次へ

内容をしっかり確認しなければなりません

個別の通知のように訴訟管理番号がついた請求書、しかし、多くの人にも同じ番号の通知が送られている可能性もあり、法律を無視した手口が露わになっています。
契約不履行により民事訴訟の手続きが開始された旨が記載されてはいるものの、請求金額や債務の内容がハッキリしているでしょうか。
法律上では、本当に裁判所への申し立てがあった場合には、裁判所は特別送達という方法で通知してくるはずです。
もしも、送られてきたのがハガキなどの郵便物ならば、無視しましょう。
または法律事務所に相談しましょう。
最近では、役所にも無料の消費者相談窓口を設け、法律家が相談に応じるサービスも提供されています。
法的根拠がない限り、差し押さえをされることもありません。
よく言うところの、裁判所の許可を受けて執行官が立ち会い、現預金や有価証券などを強制的に差し押さえられることはあり得ません。
短い期間を定め、訴訟取り下げの余地が残されていることを謳う場合にも注意が必要です。
公的機関のような名前が使用されるなど、その手口も巧妙化していますから、まずは法律家に相談してから判断しましょう。

Page Top