前へ
次へ

たまに見直しされて改正される法律

法律は、たまにルールが変わる事があります。
ある時に決定された数字は、状況に応じて変更される事もある訳です。
例えば借金に関する数字は、過去に変更されています。
現時点では、金融業者が徴収できる金利手数料は最大20%になっています。
ですが過去においては、20%ではありませんでした。
金利手数料がもっと高い時代もあり、25%を超えている頃もありました。
しかし法律は、たまに見直しされます。
金利手数料が25%以上なのは、色々と問題があるとの議論が浮上し、結局は20%にまで下げられた訳です。
それだけでなく、所得に関するルールが変更されるケースもあります。
例えば扶養です。
多くの主婦の方々は、扶養控除を意識しています。
所得が一定以上の数字になりますと、扶養に入れなくなってしまうからです。
ところがその扶養控除に関する法律も、最近変更されました。
色々見直しが行われた結果、所得の水準をもう少し高めても良いという結論に達したからです。
それ以外にも、しばしば法律は見直しされている訳です。

Page Top